お遍路をはじめてみました

四国のお遍路といえば、なにを思い浮かべるでしょう?

長い距離を、ひたすら歩く仏教の修行、

白装束をまとい、杖を持ち、菅笠をかぶった人、

心になにかを抱えて、それを解き放ちたい人……

漠然としたイメージは持っていましたが、

果たして一体ナンナンダ?! というのが、私の長年の問いでした。

それならば、自分でやってみた方が早いのではないかと思い立ち、

仕事をやめ、お遍路に出ることにした。

と思って、意気揚々と出かけたのは11月6日。

成田空港から高松空港へ夕方の飛行機でひとっ飛び。

徒歩とヒッチハイクで、なんとか高知の38番礼所「金剛福寺」までいったが、

途中からなんのためにやっているのか、わからなくなってしまった。

当初の目的は、

1.写真を撮ること

たくさん写真を撮って、写真の腕を上げたい

2.お金を使わずに、写真で生きていけるか試すこと

「あなたのお望みの写真を撮るので、一泊、泊めていただけないでしょうか?」と言って、

おたがいの持っているもので生きていくこと。

お金にコントロールされない生き方をしたい、というのが根本にある。

3.お遍路はなんなのか写真と文章でまとめること

そして、それを仕事にすること。

にしても、使えるお金は限られている。

結局、2週間で8万ぐらい使ってしまった。

四国には、善根宿と呼ばれる安宿がお遍路ルートにあり、

素泊まりでも、だいたい4000円ぐらいする。

もう、本当にお金がない。

ならば、1週間に1万円で残りをまわろう。

カードは持たない。

11月24日からは、2回目の「区切り打ち」。

どうぞお見守りくださいませ。

11月6日の成田発、高松行きの機内から。秋のさわやかさが心地のよい夕暮れ。

1番礼所「霊山寺」(徳島県鳴門市)の山門。近くにはお遍路グッズを購入できる店も。1番らしく、おじいさんやおばあさん、外国人(とくにフランス人)のお遍路さんで盛り上がっている。

弘法大師が眠るといわれる太子堂。四国の礼所には必ずと言っていいほどある。中を見られるように、中央のガラスだけ抜けていることが多い。

参拝したら収めるお札。日付、住所、名前を書く。お寺への名刺のようなもの。

水子地蔵。錦鯉も泳いでいる。金色の赤ちゃんがかわいい。

写経奉納箱。熱心な方は、般若心経を写経して納める。

赤ちゃんの仏像。お遍路さんのように菅笠。

山門の前にあるマネキン。お遍路の正装をおしえてくれる。靴は履き慣れたトレッキングシューズがおすすめ。

山門を入って左にある縁結び観音。いい出会いがありますように……!

この奥にあるのは本尊。本尊の写真は、なかなか撮りにくい。