行き先

あっという間に、2016年もそろそろ終わりを迎えます。

去年のいまごろは、新しい写真(雑誌)の仕事も決まり、

意気込んでいましたが、

1年経ったいま、完全フリーランスに戻りました。

カメラマンになろうと、がむしゃらに動いた2015年の前半。 それからは、ある会社に落ち着いてしまって、そこで甘えてしまったよう。 ジリジリしたハングリー精神を、忘れてしまったのです。

ぬるま湯に浸かっていると、ロクな人間になりません。

見通しの立たない未来は不安だけど、 ひたすら、自分の可能性を信じて、生きていくしかないようです。

自分の可能性ってどこにあるんでしょうか。

もっと写真の腕を磨いて、ハッとする写真を撮りたい。 ささやかな好奇心の先に、自分の可能性があるのだと思います。