これから

あけましておめでとうございます。

新しい年になって、あっという間に11日も経ってしまったけど、

今年は、もっとブログを更新して、発信していこうと思う。

2015年3月に、青年海外協力隊から帰ってきて(詳しくはこちら)、

派遣前から目ざしていたカメラマンになるために、

エルサルバドルで撮り貯めた作品を印刷して、

それを出版社に売り込んだ。

なんとか、少しずつ写真の仕事をもらえるようになったが、

いまは、おもに編集のしごとをしている。

目ざしていたものの途中で、

いつの間にか、ほかのチャンスにめぐまれるということは、

往々にしてある。

そうやって、大きな流れに身を任せるときがあってもいい。

そもそも、

カメラマンになりたかったのか、

写真家になりたかったのか、

ほかの仕事につきながら、趣味で作品を残したかったのか。

……わからなくなってしまったのだ。

いつの間にか、しごととして撮らなければいけない撮影をくり返すうちに、

純粋に好きな被写体を撮ろうという、

好奇心がどっかにいってしまっていた。

自分の好きなものを、好きなように撮る。

アクセサリーのように、いつもカメラを片手に外に出かける。

それが私にとって、カメラとの距離感だったはず。

もっと知らない世界を見てみたい。

「こんな人たちがいるんだ!」っていう瞬間を写真に収めたい。

もともとはそんな単純な理由が、

写真を撮る原動力だったのだ。

生きるためにお金は必要だから、

写真以外でもしごとをする。

(編集の仕事はすきだけど)

そして、もうひとつ。

大事なしごとは、カメラを持ち出しすこと。

これを今年の目標にします。


© 2018 By Yuki Shigeno